徒然日記

Tsubasa Ikoma

エントリーシートを書くのが辛いのは「相手の顔が見えない」から

お久しぶりです。生駒です。

旅行から帰って来てここ一週間程、エントリーシートをひたすら書き続けています。

…………………いや、「書き続けている」と言いましたが、正確には、「立ち止まり続けている」と言った方が良いかもしれせん。

一枚エントリーシートを書くのに合計5日位かけてしまったり、一日中何を書いて良いのか分からなくなって憂鬱に日々を殺してしまって、夜になって激しく後悔するといったパターンを繰り返してしまっていますね(笑)

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160330133631j:image
↑画像はイメージです

僕自身、こうしてブログを書いている事からも分かる通り、割りかし文章を書く事に関してそんなに苦にはならない人ですし、寧ろ好きな方です。

けれども、エントリーシートとなると、ビックリする位書けなくなりました。

『自分の中ではあれだけ整理が付いたはずなのに、一体どうしてこんなにも訳が分からなくなってしまうんだ!!』

と、アレコレと混乱し続けていたのですが、その理由が少し分かりました。

それは、「相手の顔が見えないから」だと思います。

僕は、いかなる会話も文章も、基本には対機説法であるというスタンスを崩さない様に意識しています。

「相手」ありきの会話や文章であり、その意識を無くすとしばしば「自分」と「相手」の境界が不明瞭になり、話がこんがらがってしまいます。

僕自身、これをよくやってしまう為に、より一層意識しながらブログも書く様にしています。

一方で、他者意識を膨らませ過ぎる余り、時として、「相手そのもの」ではなく、「(己の)イメージの中の相手」と会話する様になり、結果的にまた自他の境界がが無くなり、無意味な自問自答を繰り返してしまう事があります。

エントリーシートを書く過程において、おそらく僕の身にこれが起きました。

「相手の顔が見えない」とは、言い換えると「相手の素性(バックグラウンド)を知らない」となります。

具体的には、「『ビジネス』の世界を知らない」という事です。

就活をする、社会人になるという事は、「私は学生からビジネスの世界に足を踏み入れます」と言う現れであると考えると、「ビジネス」において自分がどういう機能、役割を果たしていくのかを考える必要があります。

………………とは言ったものの、ぶっちゃけ

「ビジネスの世界なんて分かるかぁ!!!!!」

という本音が見え隠れしてしまう事になります(笑)

そりゃそうだ。今まで学生をやっていたのだから、「ビジネス」なんて分かる訳がない。

実体験も無いから、「思想」の域を出る事は無い。

僕の場合、エントリーシートを書く上で、「ビジネス」という相手の土俵を知らない事から、一々、

『この質問にはどんな意図があるんだ……?』

『ここで言う「特技」の意味は、自分の居る世界(学生)と相手の居る世界(ビジネス)では意味が異なるのでは無いか……?いや、同じなのか??』

『これは、本当に相手が求める己の情報なのか???』

と、宛の無い空想を繰り広げ、結果、混乱して何も書けなくなりました(ひょっとしたら僕だけなのかな?笑)

さて、この事に気付いて僕はどうしたかというと、簡潔に言えば、開き直りました。

「自分はビジネスの世界なんて知らない。知らないのはもう仕方が無い。経験が無いのだし。と言うよりこれから経験するものなんだから知らなくて良いんだよ。何かもう、半分妄想を抱えたまま突き進め!」

と言った感じにやり始めたら、何だか書けるようになって来ました。

後、完璧主義はマズイですね。うん。メンタルがやられる。

「5割くらいの完成度で良いや」

と言った風に、良い意味でテキトーに書いて出せば良いと思うようになって来ました。

何度も繰り返しますが、ビジネスが未経験で「相手の顔を知らない」以上、文面で何を意識しようが全て妄想になってしまいます。

なら、半分以上妄想を抱えたまま突き進んで出して、「後の判断は相手に任せる!」という姿勢で行くしか無いのかなと思います。

…………………ふぅ。

今回は、この辺にします。

半ば自分へのメッセージも含んでいます。

このままブログも書けないままでいるのも嫌なので、勢いそのまま書く事を自分に許しました。

また書こうと思います。

しばらくはテーマを「就活」に絞ってブログも書いていこうと思います。(その方が書きやすそうなので)

ではでは、今回は、この辺にて。

バイバ〜イ♪

質問・感想などがあればコメント欄にて遠慮なくお問い合わせください(^人^)




日本に帰国しました!〜アブダビ、ロンドン、ダブリン、フランクフルトを経て〜

昨日、一週間の海外旅行から日本へ帰って参りました!

今回の旅行の目的は、ダブリンに語学留学をしている高校時代の友人に皆んなで会いに行くというものだったのですが、無事にその目的も果たす事が出来ました。

ロンドンに4日間、ダブリンに3日間、そしてトランジット(飛行機の乗り換え)でアブダビとフランクフルトにそれぞれ約1日寄ることになりました。

人生初のヨーロッパ旅行だったのですが、よく言われるように、ヨーロッパの街並みはとても綺麗でした☆

日本とは違って地震や戦争の被害も比較的少ないからか、歴史を感じさせるレンガ造りの建物がそのまま残っていましたね。

後は、街の随所にキリスト教の影響が見て取れた気がします。

細かい事はさて置き、以下、旅行中に撮った写真などを載せていきたいと思います!

〈ロンドン〉
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160323151536j:image
↑ビックベン

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160323151609j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160323151641j:image
ウェストミンスター大聖堂(寺院)

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160323151844j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160323152132j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160323152208j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160323152238j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160324071221j:image

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160324071323j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160324071406j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160324071440j:image
↑ロンドン橋、テムズ川、タワーブリッジ

〈ダブリン〉
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160324071625j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160324071658j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160324071724j:image
↑トリニティカレッジ

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160324071840j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160324071945j:image
↑町の様子など

一先ず以上です!

それでは、再び日本での生活に身を投じたいと思います( ̄^ ̄)ゞ

ではでは、今回は、この辺にて。

バイバ〜イ♪

質問・感想などがある方はこちらのコメント欄までお気軽に問い合わせ下さい( ´ ▽ ` )ノ

リバプールの戦いに敗北しました〜2016/3/16@ロンドン〜

おはようございます!生駒です。

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160317161249j:image
↑今朝のコーヒー

昨日無事にロンドンに到着し、今日から2日目なのですか、昨日はホテルに到着した後、地下鉄を乗り継いでリバプールに行ってきました!

ビートルズのイメージしか無かったので、一体どんな田舎町なのかなぁと勝手に想像していたのですが…………

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160317160002j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160317160041j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160317160448j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160317160107j:image

見事なまでに都市でした!(笑)

正確には、レンガの街並みがビルに溶け込んでいて、その辺りがひたすら無機質に改造されてしまった東京とは違って良いなぁと思いました。

かの有名なクライストチャーチも見て来ました(OvO)

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160317160424j:image

元々、昨日はイーストエンドと呼ばれる商店街を目当てにリバプール・ストリート駅まで来たのですが、夕方頃に来てしまったので、ほとんど店仕舞いしていて、フラッと外を散歩するだけになりました。

こんな感じの如何にもなストリートでした↓
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160317160702j:image

それはそれで良かったのですが、問題だったのがとにかく寒かった事です。

日本の真冬並みの気温でかなり冷え込んでいる中、歩き回ったのですが、更に追い討ちをかけたのが夕飯を食べる場所が見当たらないと言う事態でした。

何と言いますか、リバプールはどちらかと言うとオフィス街で、散々探し回ったのですが、気軽に入りやすいパブなどが見当たらなかったのですね。

その為、昨日は泣く泣く夕飯は抜きにして帰ることにしました。

僕はホテルに帰ったらすぐにメガネを掛けたまま寝てしまい、先ほど目が覚めてこうしてブログを書き始めました(笑)

なので、勢いそのままうる覚えの記憶で書いています!

これからまたイングリッシュブレックファーストを目当てに出掛ける所です!

ではでは、今回は、この辺にて。

バイバ〜イ♪

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160317161151j:image
リバプール・ストリート駅の様子

質問・感想などがあればコメント下さいね(^人^)

P.S. oftenが「オフトゥン」でした♪

P.P.S. 「リバプールストリート」は「リバプール」とは違うらしいですね。

アラブ首長国連邦の首都、アブダビに居ます★

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160316104920j:image
↑ラクダさん♪

突然ですが、現在アラブ首長国連邦の首都、アブダビに居ます。

飛行機の乗り換え(トランジット)待ちですね♪

実は今日から23日まで一週間、イギリス(ロンドン)とアイルランド(ダブリン)へ友達と三人で旅行をしに行くのですよ(≧∇≦)

就職活動からの一時の逃避行です(笑)

ともかく、折角の初ヨーロッパ への旅ですので、存分に楽しんでこようと思います!

向こうでの様子もブログでお伝えする……かも?

では、本日はアブダビよりお送り致しました!

これからヒースロー空港行きの飛行機に乗って行きます☆

バイバ〜イ♫

アブダビ空港の様子〉
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160316104501j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160316104603j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160316104729j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160316104818j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160316104942j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160316105006j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160316105029j:image
アブダビに居る証拠としての自撮り(笑)

質問・感想などがあれば是非ともコメントして下さい(^人^)

追伸
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160316114510j:image
この飛行機に乗ります!

『宮台教授の就活原論』〜就活をする上で生駒が最も参考にしている本〜

今日は本を一冊紹介したいと思います。

先ほど、僕が就活を本格的に開始したと言う記事を書きましたが(3月に入ってから本格的に就職活動を開始しています。 - ~生駒 翼の徒然日記~

僕はそんなにスムーズに就活に乗り出せた人間ではありません。

寧ろ、一度は(別の原因もありますが)追い詰められて将来に絶望した人間でもあります。

さて、そんな僕を絶望に追いやった本が、こちらです(笑)↓

宮台教授の就活原論 (ちくま文庫)

宮台教授の就活原論 (ちくま文庫)


(インチキ)社会学者、宮台真司氏の書いた『宮台教授の就活原論』です。

僕は認知科学者の苫米地英人さんの大ファンなのですが、それと同じ位にファンであるのが宮台真司さんです。

知り合いに紹介されてからこの方の本を読み始めたのですが、特に、大学生になってからは多大な影響を受けたと思います。

さて、この本なのですが、僕は最初読んだ時に、何度もページを閉じたくなりました。

本当に読んでいく内に心が抉られていったのですが、それでも負けじと最後まで読んだ末に思った事は、

『俺……もう、ダメじゃん』

でした。

正直に言って、自分は『手遅れ』だと気付いてしまったのです。(後になって別の理由が関係していたと気づく事になったのですが)

では、こんな本、最初から読まない方が良かったのでしょうか?

いいえ、そんな事はありません。

「寧ろ、読んで(知って)良かった」

と、心から思いました。

現に、この本もおそらく4回以上は読み直しています。

これだけ今の現実の社会を的確に言い表し、これだけ「すぐには役に立たないけど、最も役に立つ」就活本は無いと思いました。

もしもこの記事を読んでいる方の中で、就活に関して、いや、そもそも働くという事に関して、誰にも話せずに密かに悩んでいる方が居るのであれば、僕は一度、この本を読んでみると良いと思っています。

それがどう貴方に作用するのかは、正直に言って僕も分からないのですが、それでも読む価値はあると思います。

現在就活中の人のみならず、これから大学生になる人、現役の大学生、もしくは既に社会人として働いていらっしゃる方にもオススメです。

さて、単に良かったと言っても、一体全体、何がどう良くて、何がどう苦しいのかは全然伝わらないと思うので、この本の中身に対する僕なりの解説と僕の実行例(経験談)などをこれから少しずつお送りしていきたいと思います(ブログ、もしくは動画にて)

お楽しみに!

ではでは、今回は、この辺にて。

バイバ〜イ♪

質問・感想などがあれば是非ともコメントして下さい(^人^)

3月に入ってから本格的に就職活動を開始しています。

ご無沙汰しております。生駒です。

3月に入ってから経団連企業のプレエントリーが開始され、ご多分に漏れず、僕も就職活動を本格的に開始しました!

正確には、去年からちょっとした会社訪問などもやっていたのですが、腹を括って本格的に腰を乗り出す事になったのは3月からですね。

おそらく、就職活動の開始時期としましては、他の人達と比べては少し遅いのかな?

僕の場合、このブログを開始した11月〜2月位にかけての間、就職活動とは直接関係無いのですが、別の理由から極限状態まで追い詰められていた事もあり、その当時は就活に乗り出す事などまるで出来ませんでした。

それでも何はともあれ、無事にこうして動き始めることが出来ました。

今の所、僕は希望する業界も職種も絞る所まで来ていて、その業界を中心に企業にエントリーをしている所です。

何の業界を目指しているのかは、ヒミツです♪

ただ、それだけだと流石に視野が狭い……と言うよりかは、心許ないので、ICUの就職相談グループによって2日〜11日の間に開かれたP-Week(PLACEMENT WEEK)に参加していました。

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160315114230p:image
↑P-Weekのお知らせ

これは、ICUに各種様々な企業が訪問をして説明会を開いて下さるというものなのでず、お知らせにも書いてある通り、88団体の企業が訪れて来ました。

僕は、その全ての説明会を訪れた訳ではないのですが、それでも色々と気になる企業を見てきました。

結論から言うと、僕は色んな企業を見てきた中で、

「やっぱり今志望している業界に行きたいかなぁ」

と、比較した上で改めて思ったような気がします。

さて、就職活動が本格化して、慣れないスーツに身を包んであちらこちらに行ったりし、流石に緊張とストレスから「疲れ」が出たりしたのですが、それでも何とか継続して今置かれている状況を最大限楽しみながら就活を行っています(笑)

とは言え、僕も一介の大学生です。

就活を始めるに当たって散々将来の事など考えて色々と悩みましたし、今も尚、試行錯誤を繰り返しています。

色々と考えていること、伝えたい事などもあります。

ですので、これから僕なりに就活にまつわる情報も発信していきたいと思います。

そうする事によって、自分の頭の中が整理されますし、何よりも、これを読んで下さる読者にも役に立つ情報を提供できると思っています。

さて、久しぶりの更新なので色々と報告する事、他にもたくさんあるのですが、今回の記事はここまでにします!

ではでは、今回は、この辺にて。

バイバ〜イ♪

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160315113808j:image
↑就活用に新調した鞄です♫

質問・感想などがある方は、是非コメントをして下さい(^人^)


良くも悪くも「引っ越し」は心身に大きなストレスを与える行いである

こんばんは、生駒です。

先日、千葉県市川市に引っ越してきたと言う話をしたのですが、今日は「引っ越し」そのものについて少し話したいと思います。

タイトルに書いてある通りなのですが、「引っ越し」は非常に心身に負荷が掛ける行為です。

普通に考えれば分かると思うのですが、それは当然でして、何故なら環境が変わるからです。

実際に引っ越して来て僕も含めて家族皆、何かしら体調を崩しています(笑)

まだまだ生活のペースが掴みきれてませんし、木造建築で部屋も広くなって確かに快適ではあるのだけど、それでも何だかモヤっとしています。

文章もなかなかスラスラと書けません(笑)

生活の中になんとも言えない違和感が付きまとっているのですよね。

さて、ここから話を膨らませていこうと思っていたのですが……どうも、今日はこれ以上上手く文章が書けない。

本当は”環境が変わる”+”体調不良”の話をコーチングと絡めて書こうと思っていたのですが、

単純に、夜遅くなってきて頭が働かなくなっているのですよね(笑)

かと言って、消すのも何だか忍びないので、このまま今日は公開する事にします!

この記事を読んで、「こんなテキトーでも書いてみてええんやでー」と、何かしらの情報発信を行っている人の励みになればと思います。

ではでは!

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160303230905j:image

質問・感想などがあれば遠慮なくコメントして頂けたらと思います!