読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~生駒 翼の徒然日記~

ICU(国際基督教大学)に通う千葉県在住の教養学部生です。心理学(主に臨床心理学、コーチングなど)、太極拳、リベラルアーツなどを中心に、徒然なるままに思うことを書き連ねて往きます。Twitterアカウント:@Tomo_Haneda03

「何処か」に行って「何か」を得て「何者」かになれば人生は全て上手くいくと思い込んでいた

去年『何者』と言う映画が話題になりましたね。 この映画を僕は観ていないのですが、直木賞受賞作である原作小説は映画公開前に読んでいました。 簡単に内容を説明しますと、就職活動を迎えた大学生達が、「何者」かになりたいと必死にもがいていく中で、今…

サイバー・ホメオスタシス・コーチング主催!操り人形からの脱出方法セミナー感想

↑告知用の画像を勝手に拝借させて頂きました(笑)今日は通称夜学と呼ばれているコーチ和也さんの無料公開講座に参加して来ました!(テスト期間前に何をやっているのだ!というセルフツッコミは傍に置いておきます!(笑))このコーチ和也さん、かなり前か…

「人は変われるのか?」と言う問いに対して真剣に向き合って考えてみた〜「ホメオスタシス」と「恐怖心」を乗り越える為に〜

「人は変われるのか?」という話はよく巷の自己啓発本や心理学の世界で議論されていることですが、そもそもこのような言う問いが産まれる背景には「人はなかなか変われない」のだと言う前提が、多くの人々の中で自明のものとして共有されているという事実が…

まずは「コーチング」を超えなさい!

こんばんは!生駒です。今日は1日、家でゆっくり時間を過ごしていたのですか、お蔭様で昨日までボロボロだった精神衛生もかなり回復してきまきた(OvO)休む時は休むこれ、大事なことですね。まずは親を超えなさい!~最新の脳科学と認知心理学を基にした自己実…

【予告】「苫米地式コーチング」を批判し、改良に繋がる内容の記事を書いていこうと思います。

あなたはコーチングという言葉を耳にした事がありますか?20世紀のアメリカで発展してきた個人や企業を成功へと導く為に使われる技法や理論体系の事を言うのですが、僕の肌感覚では、「コーチング」という言葉も、最近になって日本でもようやく市民権を得ら…

「還る場所」がある事で、人は思う存分に自分の力を出し切る事が出来る。

↑東京駅周辺今日は、約一年ぶりにとあるコミュニティのメンバー達と再会しました。一年の間に様々な試練を乗り越えた上での再会だったのですが、改めて思ったのは、人間には、必ず「還る場所」というのが生きる上で必要不可欠になるのだなという事です。よく…

遠く彼方の『観光スポット』に行くのも良いが、近所に眠る『まだ見ぬ世界』を発掘してみよう〜「コンフォートゾーン」の拡げ方〜

先ほど書いた記事(『遠くにある物』を目指すあまり、『近くにある物』を犠牲にしないこと - ~生駒 翼の徒然日記~)で、あまりにも『近くにある物』の説明がされていないと感じたので、少し、今日実際に僕が経験した事について書こうと思います。 最近、僕…

苫米地英人×マーク・シューベルトによるPX2の講演会に行って来ました。

今日は、衆議院議員会館にて開かれた、一般財団法人BWFインターナショナル主催のPX2講演会を、聞きに行きました。 PX2とは、認知科学・機能脳科学に基づいた子供達のためのセルフ・コーチングプログラムの事であり、僕も過去、二回程受けた事があります。 僕…