「何処か」に行って「何か」を得て「何者」かになれば人生は全て上手くいくと思い込んでいた

去年『何者』と言う映画が話題になりましたね。 この映画を僕は観ていないのですが、直木賞受賞作である原作小説は映画公開前に読んでいました。 簡単に内容を説明しますと、就職活動を迎えた大学生達が、「何者」かになりたいと必死にもがいていく中で、今まで何とか誤魔化し、辛うじて体裁を保ってきた醜悪な自意識が露…