徒然日記

Tsubasa Ikoma

毎朝、ちゃんと、空を見上げていますか?〜三次元空間に生きる人間である自分の存在を、思い出そう〜

おはようございます、生駒です。

今朝は、ひんやりとした空気の中、スッキリとした青空が拡がっていて、とても気持ちの良い天気ですね。

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20151219084209j:image
西武多摩川線武蔵境駅のホームからパシャり

さて、今回のブログのタイトルにもなっているのですが、一つ、お尋ね致します。

”貴方は、毎朝、空を見上げて、居るでしょうか?”

なぜ、この様な質問をしたのかと言うと、現代人、特に東京の人が、余りにも

『二次元空間(フラットワールド)』

に囚われているのだと言う事実に、強烈な危機感を覚えているからです。

一つ一つ、掻い摘んで説明していきますね。

まず、思い出して頂きたいのですが、

”最後に空を見上げたのは、何時でしょうか?”

「記憶に無い」のだとしたら、少し危機感を抱いた方が良いと思います。

何故ならば、”空を見上げない”と言うことは、”上空(垂直方向)に意識を向けていない”と言うことになり、その結果、どうなるのかと言うと、文字通り、”己の思考が平坦で薄っぺらくなる”のです。

『ふぅ〜ん、で、それの何がヤバイって言うの?(笑)』

と、思われるかもしれませんが、これは、ガチで、ヤバイです。

まず、今回、詳細は割愛しますが、人間の”心と身体”の動きには、相関関係があり、要するに、繋がっています。

例えば、これはほんの一例ですが、俯いて歩いてばかり居れば、段々と、気分も落ち込んで来ますし、逆に、上を向いて歩けば、自然と、思考も前向きになって来ます。

さて翻って、現代日本、特に東京での日々を生活の過ごし方を、冷静に考えてみると、

「上を向いて歩く」

と言う機会が、極端に少なくなっていることが、分かります。

朝起きて、身支度をし、会社(学校)に向かう為に、地下鉄に乗る。満員電車の中では、上を見上げたところで、すぐに天井と、これでもかと購買意欲を刺激してくる広告の波が待っている為、とりあえず、スマフォを開く。

スマフォを開き、インターネット空間に意識を向けると、TwitterやFB、2ちゃんねるやニュースサイトからは、今日も、特に深い意味も無い雑多な情報が情報が蔓延し、時々、また広告が流れて来て、ウンザリして来る。

さて、目的地の駅に到着したら、始業の時間に間に合う為に、颯爽と、周りの景色、ましてや上空の風景なども気にも留めず、人混みの中を流されるがまま駆け抜けて行き、会社(学校)に到着する。

会社(学校)に到着したら、圧迫感のある狭い天井に囲まれる中で、パソコンやスケジュール帳を開き、今日の予定を確認し、一日のやるべきタスクを確認し、ひたすらそれを実行していく。

ただ延々と長引くだけの会議(学校)に参加し続けるのが苦痛である為、窓の外の風景を眺めようとするが、何処か意識が”上の空”で、目の前に存在する”青空”は、目に映っているのだとしても、全く意識に上がっていない。

そんなこんなで一日が終わり、帰り道は、また朝の逆パターン。家に到着したら、一日の疲れやストレスを、食卓やお風呂場でぶち撒けたり、それすら出来ないのであれば、また、Twitter2ちゃんねるを開いて、愚痴を垂れ流す事で、溜飲を下げる。

そうして最後に寝床に入り、

『また明日も仕事(学校)かぁ……やだなぁ』

などと、憂鬱な気分になりながら、いつも通りの部屋の天井をボッーと眺めながら、”何一つ変わらない”日常を終え、眠りに着く。そして、また朝目が覚めて………………

と言った、無限ループを繰り返している人は、沢山居るのでは無いでしょうか?

こういった惰性の日々を積み重ねて往くだけでは、「空を見上げる」と言う行動を起こす機会というのは、あまり無いのだと言うことが、少し、理解して頂けたと思います。

そして、この記事を読んでいるあなたにも、何かしら該当し、身に覚えがある部分が存在するかもしれませんね。

こうやって、インターネットの世界も含めて、水平方向に拡がる世界しか見ない『二次元空間(フラットワールド)』に閉じ込めらている限り、私達が、水平だけだなく、垂直方向にも拡がる

『三次元空間』

に生きている人間だと言うことを、思い出せなくなってしまいます。

もう一度繰り返しますが、”心と身体”は繋がっています。

垂直方向の思考を取り戻し、本来持っている”自由”を取り戻す為にも、一日に、ほんの、2,3秒程からでも良いので、

”空を、見上げてみませんか?”

今、おそらくスマフォかパソコンを通じて、この記事、ブログを貴方は読んで下さっていると思います。

その事自体は、すごくありがたい事ですし、本当に僕は個人的に嬉しいのですが、

同時に、こういうインターネット上のブログばかりを読むのではなく、一旦、脇にスマフォ(パソコン)を置いて、もっと、上空に、意識を向けてもらいたいのです。

今、貴方の上空には、どんな物が見えますか?

ちなみに、今、僕は、こんなものが見えています(笑)

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20151219105404j:image
ICU図書館1階の天井

今、室内に居られる方は、僕と似た様な、けれども細部を見れば確実に違う天井が見られると思います。

街中で佇んで居られる方は、迫り来る様な高層ビル群が目に浮かぶと思います。中には、今まで気にも留めていなかった様な、会社の看板や、広告の看板、電信柱、鳩やカラスの群れなどが、目に映る事もあるでしょう。

自然の風景に囲まれている方は、青々と何処までも広がり続ける大空に、包まれているかもしませんね。

「毎日、空を、見上げてみる」

とても些細な事かもしれませんか、これを継続する事によって、確実に、貴方の思考の枠組みは広がりますし、スコトーマ(心理的盲点)が外れ、たくさんの発見を見出す事が出来ます。

そして、何よりも、ちょっとした事ではへこたれず、惑わされる事も無い”大らかな心”を取り戻す事が可能です。

もし、毎日、理由もよく分からない”生き辛さ”や過剰なストレスに苛まれていると感じる方は、是非とも、試してみて下さい。

そして、やってみて、何かしらの変化や発見を感じられたら、是非ともコメントにて、僕に報告してみて下さい。

必ず、一つ一つ、丁寧に、返信を返します。

フィードバックをもらう事で、その経験、実感、感覚を、確かなものとして、自分に染み込ましてゆきましょう。

感想、コメント、その他諸々、お待ちして居りますよ(^人^)

ではでは、今回は、この辺にて。

バイバ〜イ♪

【おまけ〜今日のICUの青空〜】

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20151219110410j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20151219110417j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20151219110449j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20151219110512j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20151219110558j:image
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20151219110606j:image