徒然日記

Tsubasa Ikoma

書きたいことや伝えたいことが山ほど溢れてしまい、思考が煮詰まった時にすぐに出来る対処法とは?

こんばんは、生駒です。
f:id:IKOMA_Tsubasa8:20151226211136j:image

毎日ブログや日記、仕事や勉強などを通じて、たくさんの文章を書いている人には馴染み深い現象だと思うのですが、

『何かを書こうとしたつもりだったのに、何から書けば良いのかが分からなくなってしまった…………』

と言う、言い様の無いストレスフルな状況に追い込まれて、

「うがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!?!☆〆∠〓∀????」

と、頭を掻き毟りなかまら叫び出しそうにになったこと、ありませんか?(笑)

僕はしょっちゅうあります。

それは、このブログを書いている時もそうですが、記憶に残っている限り、大体、4歳時位からこんな風に混乱して

”言いたいことがあるのに、何も言えない(伝えられない)”

と言った状況に追い込まれ、抑うつ的な気分に苛まれることが多かったです。

まぁ、僕の過去の話はさておき。

何故、この様な状態に陥ることがあるのかというと、それは、

”頭の回転が早すぎるから”

という理由が一つにはあります。

詳しくは、認知心理学を勉強すると、その仕組みがよく分かるのですが、今回はあまりにも専門的になり過ぎるので、メカニズムの説明は割愛します。

この現象は、受験勉強をよくやって来たり、考え事をする機会が多かったりのいわゆる高学歴やインテリの人間に陥りがちな落とし穴なのですが、そういう人達(僕自身も含みます)の特徴として、まず、

A

と言うアイディアが浮かんだ時に、すぐ様、

A'、∀、B…

などと言った、派生系の多種多様な意見や別の観点などを考え出してしまい、結果、

「元の”A”が分からなくなる」

と、なる訳です。

例えば、僕が今、『太極拳の”身体性”』をテーマにブログの記事を書こうとします。

その時、僕の頭の中では、勝手に、

『”身体性”とは何だ?』
『ソレについて述べるなら、その前に、アレについて述べておくべきなのでは無いか?』
『そもそも、文章だけで”身体性”について語り切ることが出来るのか?』
『”身体性”と言う言葉は、一般人に誤解無く伝える事が出来る言葉なのだろうか?』

…………と、言った風に、自分の頭の中にありとあらゆる仮説、アイディア、反論などが、洪水の様に溢れ出してしまい、

自分の『コトバ』に、自分で溺れる

事が、多いのです。

では、これを解決する為の画期的な対策法なのですが、すぐに出来てオススメなのが、

仮眠を取ること

です。

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20151226210953j:image
↑”nap”とGoogleで検索して出てきた画像(笑)

おそらく、この様な混乱状態に陥ると、大概脳の情報処理が追いつかなくなり、眠くて眠くて仕方が無くなるので、そういう時は、身体の求めに応じて、そのまま一度寝てしまいましょう。

そうすると、目が覚めた時に”脳がスッキリ”とし、不思議と寝る前と比べて、文章がスラスラと書ける様になったり、伝えたい事が、ダイレクトに言語化して伝える事が出来るようになります。

”脳がスッキリ”と言うのが、重要なポイントとなります。

詳細は省きますが、要するに、一度寝る事によって、無意識がバックグラウンドで脳内情報を処理してくれて、脳が勝手に整理整頓されるのです。

予め断言しますが、これは、人間である以上、誰にでも出来る事ですし、才能とかも関係ありません。

他にも、”運動をして、身体を動かす”とか、”関係無い話で他人と雑談をする”と言うのも、効果的です。

かく言う僕も、先程まで、この記事を書いている途中で恐ろしい睡魔に襲われた為、15分ほど仮眠を取り、スッキリとした気分で再びこうして文章を書く事が出来るようになりました。

”書く”、”話す”と言った、言語化の作業は、内容にもよりますが、一般的に想定される以上にストレスがかかる行いでもあるので、適度に”気晴らし”をする事も、勉強をしたり考え事をする上では、やはり如何しても必要な事なのですよ。

但し、これらは、実践してみてこそ、成果が出ます。

僕も本っっっっっっっっっ当に他人の事は言えないのですが、勉強がよく出来たり、頭の良い人ほど、知識や言語を重んじるあまり、”身体を動かす”と言った実践を軽視してしまいがちです。

『身体を動かすのは苦手だから、なるべく避けたい……』と言った、過去の苦い思い出なども関係すると思うのですが、いわゆるインテリ人間ほど、

”思考”が得意であるが故に、”思考”に逃げてしまいがちです。

予想し得るリアクションとしては、

『ふ〜ん、そんな”意見”もあるんだ〜。”参考意見”として、頭に入れておくよ』

です(笑)

正直、これを読んで、『ドキッ!』とした人も居るのでは無いでしょうか?

その気持ち……おそらく僕は、痛い程、分かります。

”思考”で今まで何とかやってのけたからこそ、”思考以外”に足を踏み出そうとすると、コンプレックスが刺激されて、恐怖心や焦燥感に苛まれてしまうのです。

まぁ、その具体的な話はまたの機会に譲るとして、まとめますと、

「”思考”が煮詰まったら、一旦脇に置いて、リセットしよう」

という事です。

是非とも、上に書いたことを、実践してみて下さい。

間違いなく、日々の生活、仕事、勉強などの役に立たせるふ事が出来ますよ。(僕も自身の身体を用いて検証済みです♪)

何か質問がある方は、気軽にコメントを下さい(^人^)

ではでは、今回は、この辺にて。

バイバ〜イ♬

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20151226211204j:image
↑本日、ICU内で撮影した写真です(OvO)