読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~生駒 翼の徒然日記~

ICU(国際基督教大学)に通う千葉県在住の教養学部生です。心理学(主に臨床心理学、コーチングなど)、太極拳、リベラルアーツなどを中心に、徒然なるままに思うことを書き連ねて往きます。Twitterアカウント:@Tomo_Haneda03

「書くのが面倒くさい……」けれども「書きたい!」時に僕が意識していること

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160123212527p:image
↑画像はイメージです(笑)

このブログを開設して以来、一日も絶やさずに毎日記事を更新しているのですが、だからといって、毎日やる気に満ち溢れて記事を更新している訳ではありません。

僕も人間ですから、時には『うわぁ、面倒臭ぇわ』と言う気分になる時もあります。

実は今日はそんな感じの気分です(笑)

それでも「毎日更新する」というのは地道にコツコツ続けていきたいと思っているので、幾つか自分に言い聞かせている事があります。

一つは、「書きたいから書く」のだという事です。

言い換えると、「書きたくなければ書かなくてもいい」となります。

こうすると、普通はすぐにサボる事になるのでは無いかと思われがちですが、実は寧ろ、こういう構えを取ることによって、「書こう」と思う気持ちが湧いてくるのですよね。

なぜこういう気分になれるのかというと、おそらく、もともと「書かなくても良い」ものなのだから、無理して書く必要も無く、故に完璧に書く必要も無いという事に気付けるからだと思います。

なんと言いますか、人間は欲深い生き物なので、例えばブログを書こうとすれば良くも悪くも「もっと良い文章を書こう!」と思い始めるんですよね。

それが健やかなモチベーションに繋がれば良いのですが、それは時に、実在しない過度に理想化した自分と知らぬ間に比較をする様になってしまい、いつの間にか『こんなのダメじゃん……』と現状の自分の実力を過小評価してしまう事があるんですよね。

実際には、書いてみなければどういうものか出来上がるのかなんて分からないのだし、ひょっとすると、やる気の無い文章が時として人気が出る事もあるかもしれません。

だからこそ、「書かなくても良い」という事を思い出す事で、良い意味でテキトーになる事が出来るのです。

それで、僕の場合はICUの日常風景を軽い気持ちで記事に上げたりするようになります。

そして、次の日には、もっと深く考え、練られた文章を書いたりもします。

良い意味で、継続して文章が書ける様になるんですよ(=゚ω゚)ノ

まとめると、「書くのが面倒くさい」時は、面倒くさいままテキトーに書いてしまおうという事です。

案外、美辞麗句を並べた気取った文章よりも、面倒くさい感丸出しの文章の方が皆読みたがっているかもしれませんよ?(笑)

ま、実際の所は分かんないんだけどね♪

だからこそ、おもしろい。

ではでは、今回は、この辺にて。

バイバ〜イ♪

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160123211651j:image
↑おまけ:お昼に食べたタイ料理♫

質問・感想などがある方は、コメント欄かこちらのメールアドレスまで気軽にお問い合わせ下さいね(OvO)
tsubasaikoma8@gmail.com

Twitterアカウント:生駒  翼(@Tomo_Haneda03)