~生駒 翼の徒然日記~

ICU(国際基督教大学)に通う千葉県在住の教養学部生です。心理学(主に臨床心理学、コーチングなど)、太極拳、リベラルアーツなどを中心に、徒然なるままに思うことを書き連ねて往きます。Twitterアカウント:@Tomo_Haneda03

ラザニアを頼んでお皿を割ってしまった時の話〜ICUの日常2016/2/15〜

今日はお昼に学食でラザニアを食べました☆

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160215215513j:image
↑ラザニアと小ライス♪

さて、ラザニア自体、とても美味しく頂くことが出来たのですが、タイトルにある通り、実は今日、やってしまいました。

一度ラザニアを注文した後に、レジまで支払いに行こうとし、財布を取り出すべく片手でプレートを持っていたところ、うっかり手を滑らせてしまい、

ガッシャーン!!!

と、お皿を粉々に割ってしまう事になりました……

”あ〜あ、やっちまったなぁ”

と思い、その後職員さんがやって来て一緒に片付けをしたり、もう一セット新しい物を持って来て下さったりし、非常に助かったのですが、そこで2つ、自分で気付いたことがありました。

一つは、案外自分がトラブルに対して冷静に対処できていたと言うことです。

「まぁ、割っちまったもんは仕方無いか。ちゃんと謝って後片付けをしよう」

と、落とした直後にすぐ考え始めたのですが、これは、一昔前までの僕では考えられない事でした。

以前までの僕ならきっと、

『ああやべぇ!どうしよう!!またやっちまったこのバカが!うわこれ、叱られるぞ!いやいや叱られるとか以前に何かもう人間としてダメだろ!!あと……』

と、言った具合に、即座に自分を責めてパニック状態に陥り、慌てている自分の存在にすら気付かなかったと思います。

ところが、今回は最初から最後まで冷静で居られる事が出来ました。

これは、武道(太極拳の影響が一番大きいと実感しています。

以前から僕は度々太極拳などの例を用いて身体知について説明していますが、今回も、普段の稽古を通じて培った”自分を観る”能力が功を成し、トラブルにも冷静に対処する事が出来ました。

こういった形で、武道の知恵が日常生活に役に立つ事がたくさんあるのですよね。

もう一つ気付いた事は、寝不足で注意力散漫だったと言う事です。

睡眠時間が短くて、知らぬ間にボーッとしていたんですよね。

寝不足でいると、こういう些細なミスを犯す事があるので、気をつける必要がありますね♪

それと、そこから更に連想して気付いたのですが、寝不足は、心と身体の繋がりを実感する良い機会だと分かりました。

これも以前から度々心と身体は繋がっているという事を僕は繰り返し話しているのですが、その典型例が寝不足なのだと思います。

単純な話、寝不足だと意識が鈍くなりますし、身体の動きも鈍くなりますよね?

そういった所から、心身の繋がりを実感し直せるのかなぁと思いました。

さて、先ほども書きましたが、寝不足なので、眠いです(笑)

ですので、今回は以上です!

もう寝ますね。

おやすみなさ〜い♫

みなさん、良い夢を!

f:id:IKOMA_Tsubasa8:20160215221204j:image
ICUの理学館

質問・感想などがある方は、コメント下さいね!(溜まっているコメント返し、もう直ぐやります!お待ち下さい(>_<))